世間の片隅でそっと叫んでみる。

一般人で無名の中高年のオヤジが、ブログという世間とネットの世界の片隅で、ADHD(多動性注意欠陥症)を抱えながら、政治や経済などを意見してみる。

#ハーマスのロケット弾攻撃。原因はエルサレムをめぐる争いだった?そこに絡むBBCやAPなどの反イスラエル姿勢の報道と、イスラエルの政治事情が紛争を大きくしていると思う。知らんけど。

 及川幸久 THE WISDOM CHANNELでは、現地ではどうなっているのかを含め今回の動画ではうまく説明と解説してくれていた。 

 今回の異例なこと。1)ロケット弾の数が異常に多いこと。2)アイアン・ドームが破られ犠牲者がでたことらしい。鉄壁のミサイル迎撃システムが破られたことで、イスラエル側の民間人に犠牲者が出たことが大きい。

 勉強になったのは、この動画では、東エルサレムの土地の権利をめぐるアラブ人対イスラエル人の民事裁判で、ユダや人側に有利な判決が出て、アラブ側が憤り、それにラマダン(断食の週)が重なり、アラブ側の怒りが爆発したことが出発ではないかと言われている。

  イスラエル政府は、ワクチンをパレスティナに回してないとか、金銭支援もしてないとか、イスラエルは言われ放題だし、BBCイスラエルには厳しい姿勢の報道だし、当時のジャーナリストは、ハマスの戦闘機は定期的に「APのガザ支局に突入し、スタッフを脅迫し、APはそれを報告しない」と主張した。」(FOX NEWS)

 マスコミはユダヤ系の人が多いのに、出身国が保守政権だと批判気味なの?ここにも一筋縄にはいかない事情がありそう。アラブ側にも同じことが言える。イスラエルが周りが敵に囲まれても、数量的に勝てないはずが、アラブにも事情があって、パレスティナ自治政府も、ファタファのPLOシーア派のハマースの対立がある。お互いに殺し合うくらいの勢いで憎しみあっているので、そもそもそこが平和で安定が望めない。

 パレスティナも、現地で聞くと、アラブ世界からは歓迎されてない客で、難民でアラブ諸国に行けば、時には迫害や虐殺の憂き目にあうこともある。でも、そんなことは、日本で、マスコミからは聞こえてこない。

 もちろんイスラエルも、ユダヤ教教の分類からすれば、正統派、保守派、改革派に大きく分かれていて、もっと極端な極右的なもの、超正統派もあるし、極左社会主義者もいるので、ユダヤ人が3人寄れば、4つの政党ができるくらい、自己主張がきついお国柄というのもある。移民で集められたので、元々バラバラなのである。

 日本のマスコミは、パヨクさんが多くて、パレスティナ大好き偏向スタンスなんで、中東問題では正確な情報は得られないと私はあきらめている。イスラエル国防軍空爆も、パレスティナ側民間人に死者がイスラエルの倍以上多く出ているが、必ず(Roof knocking) 事前通告をした上で空爆をしているので、パレスティナ側に死者が出ても民間人ではないはず。それと、アラブ人も中国人以上に、大げさな言い方をする。話を盛るので、本当の数字かどうかは分からない。

 今回の紛争は、イスラエル政権とハマース(パレスティナ自治政府)の対立であり、イスラエス国内紛争と見れば、どちらの陣営も、政治的主導権をとるために、格好の口実になったと思われる。ネタニヤフ政権も、組閣できない状態だし、ハマースも、総選挙がされない限り、政治的実権が握れないので、小さい規模で、ほとぼりが冷めるまで続くのではないだろうか?

 

 

 



 

 

#従来株はおかしい。マスコミだけでなく、おカミの機関でも使ってる。東京五輪開催で、経済と感染対策の両方で回さないと。医療従事者の負担は大きいだろうな。#北京五輪反対。

 この従来株あるいは従来型とは、学術的あるいは公的研究機もと関で、COVID-19と同じように使用されて、私的には、これを従来株ではなく、武漢株、中国株になぜしないのか?納得できず、訳が分らない。それが元になり、マスコミが何も考えずか、確信犯で使ってるかは知らないが。

 そこに中国の政治力が働いているなら、大いに問題にすべきで、他人に厳しい「ナロナムブル」で身勝手なマスコミの言論統制であり、一方的な方向性に全員の意見を合わせるコロナファシズムであるとお思う。それに負けて、妥協して、忖度している今の報道の在り方に大いに疑問と言わざる得ない。

 マスコミさんおかげで、かなり世界中にコロナ不安と政治不信は高まり、東京五輪開催反対まで大きくなり、世論誘導は成功したし、今東京五輪開催賛成派の声は、不謹慎という空気が流れいる。これも、自粛警察であり、コロナファシズムであると思う。

 私自身は、オリンピックに積極的賛成ではない。しかし、今日のコロナ対策重視のために五輪反対の意見には異を唱えたい。感染対策が大変でも、やるべきである。延期をしても変異株は出てくるし、今しか開催できるタイミングがないと思う。

 だから、菅政権はワクチンを大量購入したわけだし、海外からの選手団やスタッフの移動制限をかけて、無観客でやるしかないと思う。そのためには、感染対策を万全にして、特に自衛隊の医療部隊を最大限に活用すべきである。医療従事者の負担を減らす意味でも、このパワーは必要であると思う。

 ひょっとして、今後起こり得る有事、感染症や災害の対策のデーター収集などの一助になると思う。参加国にも医療ボランティアを募るなど手はまだあると思う。要は腹を決めてリスクをどこまでとるのかの決断になると思う。

 それが、JOCなのか東京都なのか日本政府なのかは知らないが。今は開催反対でなく、開催に向けて、最大限のエネルギーを注げば、結果が出ると私は信じている。もちろんやってみないと分からないことだけど。医療関係者の方々にこれ以上の不安や負担が増えないように、創意工夫をして、ALL JAPANで取り組んでもらいたいと思う。

 世間が東京五輪反対と言われれば、言われるほど、私は、#北京五輪に反対。と言いたい。 米大統領選と同じ空気を感じる。あの時の保守の民意なら、完全無視は絶対許せない。大会関係者の現実的な大所高所に立った判断と行動を願いたい。

 

 


 

 

 

ガザからのロケット弾攻撃は、米国の政局の都合でもし起こされたとしたら、イスラエルをめぐる主導権争いは、様々な思惑で、多大な犠牲を伴う紛争になったと思う。

 どうもバイデン政権は、中東問題をこじらせて、左派主導の和平に持ち込みたいのではと思えるのと、保守系トランプ政権路線の否定という民主党らしいイデオロギーは変わってないようだ。

 これまでのイスラエル市民を標的にしたロケット弾の攻撃は、「バイデン政権が、パレスチナの過激派グループの支配地域への経済支援の再開を決定してから、約1カ月後のことだ。」(Total World Newsより)もし、これが事実ならば、大国のエゴと言える。

 イスラエルのネタニヤフ現政権は、リクード(保守派)政党主導の連合政権で、前トランプ政権の米国政府とは良好な関係であった。ここからは、私の推測だが、そこへのアテつけで、あるいは労働党(左派)政党とパイプのある米国民主党は、打倒リクード政権と労働党復権を画策し、ネタニヤフ政権を揺さぶるために、バイデン政権は反イスラエル側に資金援助をしたのではと思える。2015年3月3日、アメリカ合衆国議会合同会議で39分間にわたる演説をし、オバマ大統領を攻撃した。(ウィキペディアより)ことも米国民主党は忘れてはいないはず。

 そうなると、これはあくまでもイスラエル国内の紛争であって、広域な戦争までには発展しないし、させない力が背後で発動してそうな予感がする。結果的に見ると、イスラエル国内のアメリカ議会の代理戦争ではないかと思える。それで、これだけの多数の犠牲者を出すとは、これも米国の政局の都合ではないかと思うと何か割り切れない。

 まさかと思うが、トランプの敵味方がそれぞれ表舞台から消えている昨今、ネタニヤフ・イスラエル首相もトランプと親しい関係なので辞任に追い込まれるかも知れない。汚職事件の起訴が不起訴で乗り切ったが、必ずまた足は引っ張られる。憶測だが、この汚職事件もトランプのロシア疑惑と同じでっち上げと私は感じるが。

 イスラエル政権の求心力が落ちている現状で、連立政権が組めていないし、そんなコップの嵐のイスラエルの政局は続くであろうし、ネタニヤフも報復を強圧的にしながらも、タカ派らしく早期に思い切った妥協を導き出し、優れた政治手腕で紛争を解決させて、政権基盤を固めることを目指すことは間違いない。

 


 

ロケット弾迎撃システム「アイアンドーム」と、ハマースはテロ組織で統治能力も正当性のない組織なのに、毎度そちらの肩を持つ報道はどうなんだろ?と現実的イスラエルの姿勢にサバイバルを見る。

  その昔知り合いがヨルダンからイスラエルに入国したことがあった。国境を通過するので、手続きやらで書類を見せたりしてると、マシンガン銃を持った兵士(階位が上の方)兼出国審査の係が、知り合いらの入出国の書類を破り激怒していた。

 おそらく、イスラエル入国書類のヘブライ語で書いたのを一緒にしていたので、用意周到なのが気に障って、平和ボケで無知の日本人に一発かましておこうと、「アラブの国でヘブライ語の書類を持ち込んだんかコラ」と脅しをかけたようだとか。アラブとイスラエルの対立は簡単なものでないと痛感したそうだ。

 で、今回のテロ組織ハマースとイスラエル国防軍の紛争は、アテにならない私の直感では、インティファーダみたいな騒ぎで終わらせたいような気がしている。鉄壁の「アイアンドーム」というロケット弾迎撃システム、空爆も意味なくだらだらしているのでなく、報復措置をきちんとしているだけという私の印象である。

 ガザ地区からの無差別的なロケット弾約800発を9割をこのシステムで迎撃しており、かつての首都テルアビブの様子でも、現実的にはサイレンが鳴って、各自自宅シェルターに避難していたり、そんな緊張があっても。ごく普通に夜の街に出歩いて店で買い物したりする一般人がいるようだ。

 確かに、前述の国境があっても、その境界のヨルダン川は大きい川でもなく、生活や仕事で出入りするアラブ人がいるわけで、不思議なことに、戦闘が続き日常生活が不自由な状態でも、イスラエル人もパレスティナ人も、みんな当たり前に生活を続けている。

 イスラエルでは道路標識が、ヘブライ語とアラブ語の2つを表記していた記憶がある。(アラブエリアはアラブ語だけだったかも)また、紛争は絶えないから、共存共栄なのか?お互いに相手に殺されたことは、プロパガンダために誇大に宣伝される。特にアラブ側は、表現豊かに大げさに言ってる感がある。それをまともに、受けてそのままタレ流す多くのマスコミは、程度が悪いと感じる私は、考えすぎなんだろうか?

 で、今回の紛争のハマース主役は、現在政治的に正当性がないのに、一般大衆の人気に乗って、任期が切れても政権に居座ったりとか、民主主義がアラブ世界ではあまりなじみがないようで、PLOと同じく正当で透明さがこの組織にも不足してそうだ。(PLOの団体の銀行口座がアラファトの個人名義であったとか)

 しかも、ハマースは残念なことに先見性や政治的判断にも欠けていて、同じシーア派のイランや仲の良かったはずのシリア・アサド政権とも仲違いして、トランプ政権で、オマーンカタールとのイスラエル和平も痛くて、資金源の国を失い、残る手段はテロや今回の紛争で、知名度パレスティナ内での力を誇示のため、私は、ロケット弾を乱射しているのではと、うがって見ている。

 同時に、『芝刈り』と言うことで、イスラエルは死なない程度根絶やしにしない程度にパレスチナとアラブを締め付けて、現実的は共存を模索する現実的な解決を イスラエルのネタニヤフ政権はゆっくりと腰を据えて検討している感じがする。だが、目の前に起きた不始末は、相手に示しをつける意味で、力を誇示し、空爆や小規模な地上戦への用意周到に進めていくのであろうと、私はそう考えている。

 

 

 

 



 

イスラエルの紛争は拡大か?さらに見えてくる中国の関与。イランなどの影響下の原理主義の台頭。さらに複雑な構図。

 イスラエルは、ヨルダン川西岸、エルサレム、ガザなどのアラブ(パレスティナ)居住区を抱えて、確か国会にもアラブ人議席は少数ながらあったと記憶している。

 そんな国内に多くの敵を抱えて、周りのアラブ系諸国を戦っている。PLOなどの左翼ゲリラからイラン影響下のシーア派ハマスヒズボラなどイスラム原理主義まで幅広くて、敵だらけの数量的圧倒的不利な中で、中東戦争を勝ち続けている。

 今回の紛争は、ガザにとどまらず、戦局拡大は避けられないだろう。北の国境のレバノンからヒズボラがミサイル攻撃があったし、イスラエルが地上攻撃検討中だし、停戦の動きは聞こえても、今は無理な空気感が漂っているようだ。

 で、やはり大国は欧米ロシアだけあらず、中国も関与している。中東は大国の主戦場になっているのか?「中国の銀行を通じたハマスマネーロンダリング」が過去にあったとか?ここにも中国は関与をして影響を強めたいのか?

 さすがテロ支援国家らしいやり口であるが、下手にこの中東に手を出せば、えらい目に合うのは必至。

 米英露を見てると思うが、しかもハマスって結構ヤバい組織なのに、中国の世界戦略一帯一路は、こんなところにまで及ぶのかと、私には危険極まりない冒険にしか見えない。一度手を出すと、このような混乱から抜け出せないと思う。

 

 


 

イスラエル、ガザ地区の爆撃。エルサレムをめぐる紛争が原因か?日本にはあまりなじみないけど、これからものすごく重要なエリアになる気がする。

 正直私も十分な知識や認識があるわけではない。アラブ対イスラエルの対立は、ここでは信仰の問題になると考えるべき。これが、歴史・文化・国際関係が複雑に絡んだ問題で、日本では理解しがたい。

 イスラエルは2千年も離れていて、ここは神が約束した土地だがら、イスラエルを建国すると、先住民のアラブ(パレスティナ)と独立戦争を開始したことから、この対立は続いている。日本の感覚では、先住権が無視される無茶苦茶な話になる。それくらい、神との約束話重要で、絶対的規範であり、これをめぐる戦いなのだ。

 しかも、双方の首都エルサレムは、双方の聖地であり、どちらも一歩も譲れないから、さらに問題を複雑にしている。イスラエルは周りをアラブという敵国に囲まれ、いつも緊張状態が続き、戦闘機が訓練を常時続けて、もちろん国民皆兵であるし、兵士も街で見かけるし、絶えず戦争に備えている。

 彼らの戦争の火は簡単には消えない。紛争がさらに拡大する可能性はある。そもそも、イギリスの2枚舌外交、欧州の植民地政策の失敗のツケを彼らが払わされているとも、見ることができる。ただ、国連・EU・英・露・米らいつもの面々が話し合って収まるなら、とっくに解決したはずが、まだまだこの対立は続くことは間違いない。 

 


 

 

 

 

 

 

#さざ波。で過剰反応するマスコミは、自粛警察であり、デマ拡散装置だから、ありもしない空想で民衆を煽りたいだけ。あの方々らは知性のかけらもない程度の低い話や。

 サヨクさんとマスコミさんは、あの疫病で日本を不安を煽り、政府の失政だと大騒ぎしたいのに、日本のコロナ感染は、世界から見てデーターで「さざ波」と高橋教授が正確に指摘したものだから、マスコミらは自分らがウソつき野郎とバレるのが嫌で、大バッシングを始めた。

  五輪反対派からすると、怒り心頭で怒髪天に達する勢いで、猛烈にこの意見に反発している。が、反論の根拠が薄くて、データーの裏付けや中国さんの味方ばかりの方々が多くて、何の説得力もないと思う。キャンセルカルチャーで一方的に、反対意見を封じ込めるという状態になっている。

 「米国のラジオ局「KFGO」は「政府の顧問が、五輪中止の呼びかけを笑い飛ばすツイートで国民の怒りを爆発させる」と報道。」の必死な反発をする東スポ記事は、申し訳ないが、バカらしくて笑ってしまった。

 「日本国民が怒りを爆発してる」だって言うのが、アメリカのラジオ局って、マニアックなところを無理くり引っ張り出して、米国のメインメディアでは報道してねえし、東スポと同じレベルか以下のメディアさんが怒ってもどうなんだろうね。

 「KFGO」なんて知らねえよ。これが国際的な袋叩きって、どんなレベルなんだ。やぱり東スポだから、飛ばし記事だわね。大衆紙のレベルだから、こんなクオリティでOKだけど。

 ヤフコメを見ても、さざ波発言の真意を捉えている意見はほとんどなかった。何かトランプ対ビッグテックの戦いを再現を見る感じで、今は冷静にコロナの感染と医療危機状態を見つめることだと思うし、一方的にマスコミらが言うことをイチイチ真に受けているのもどうなんだろう。

 おそらく、ワクチン接種が始まり一定の効果が出ると、この騒ぎは一体なんだったと思える時が来るはず。ナーバスでヒステリックになって、真実を見失わないように、私は気を付けたいと思う。