世間の片隅でそっと叫んでみる。

一般人で無名の中高年のオヤジが、ブログという世間とネットの世界の片隅で、ADHD(多動性注意欠陥症)を抱えながら、政治や経済などを意見してみる。

弱いものイジメと同じ構図。コラボVS暇空茜は、どう見てもコラボが圧倒的な力で、一市民をバッシングしているしか見えない。しかも、リーガルハラスメントをしている方がコラボなのに、おかしい主張だなと思える。

 東京都の監査請求は、そこに住む住民にとって正当な権利である。しかし、そんな当たり前な原理原則を自分らの都合で勝手に捻じ曲げて、たかが一般人に、7人の弁護団でスラップ訴訟するとは?よほど資金が潤沢で、正当な理由があるかと思いきや、言論の自由を封殺する差別ビジネスのエゴと世間やネット民は見えて、一市民を社会的に抹殺する一種の暴力団顔負けサヨク団体だったと自らコラボは自己紹介したいらしい。

 

 マスコミは、建前では証拠が出るまで報道しないとか?監査請求決定までは何も暇空茜氏らを非難するコラボの一方的主張だけは取り上げて、そんなにサヨクは自分らの都合が悪い影の部分には目を向けず、一部の東京新聞らを除き、今回は事実関係を淡々と伝えている。

 結局共産党の影響かにあるコラボが、あまりに悪目立ちして、共産党機関紙赤旗からも、関連記事は削除され、コラボ応援団83-1委員会の-1=薬物牧師の逮捕記事を朝日毎日など新聞も削除し、地味にコラボへの梯子外しをして、関係関与の証拠隠滅と逃亡を図っている。

 コラボ代表がツイッターで、アニメ漫画の表現の自由を棄損したこと、温泉娘を燃やしたことで、暇空茜氏の怒りを買い、標的にされ、実際におかしな会計処理をしていたのではと疑われたことから、大きな問題にされたので、私もこのことを知ったのだが。

 

 公的資金交付金補助金助成金で使えば、正当なことをしていても、監査されることは当然ある。金額が大きければ、狙われるのは当然であるが、コラボは戦略戦術ともに、こちらは清廉潔白で、暇空側が事実無根の名誉棄損だとしたが、ならばなぜ、監査請求は再調査と結論を出したのか?

 おそらく私の妄想だが、東京都監査委員会は100%コラボ側に立って、監査請求却下予定が、途中で国の会計検査が入る予定外の事態と、実態を精査して、会計監査をパスできる内容がコラボの提出資料や、様々なネットでの世論の推移を見て、単純に却下とはできず、やむに已まれず、一部領収書不備などの再調査で、東京都の責任逃れの道を模索の結果、最悪の場合はコラボの責任転嫁して、逃げ切ろうとしたのはないか?という仮説で妄想している。

 

 和自身こうした補助金を扱った仕事をした経験上、補助金などは初めに予算ありきで、事業予算を事前に決めた試算表で、まるで図ったかのように、時期が来れば正確に会計処理するように仕組んでいる。それと、役所自体が、事業の実績づくりだけを重視していて、中身を精査しているようには思えないのが、補助金事業の実情だと思う。

 そこに不正処理があったか?私は今までの経験上コラボ側は無理筋な言い訳ではというのが今回の私の見立てである。おそらく、過剰請求、架空請求などの不正経理操作まで徹底的に調べたら出かねない。出たらもうコラボは完全に終了フラグになる。

 

 さらに、もし資金を内部留保させるために、やってもない取引伝票があったり、不正支出に不当支出や、二重帳簿も出てくる可能性もあったら、コラボは指定事業者取り消し、逮捕者も出るかも知れない。そこまでできたら、この巨悪な某4団体に、検察等の捜査当局がメスを入れることになるだろう。

 私はツイフェミ=共産党実行部隊が殲滅されんことを願っている。AV新法とかも、こうした連中の運動であって、決して実際の現場の声を聴いてでなく、一切それらを無視して、自分らの都合でに日本を息苦しくさせていると勘ぐるしかできないと思う。

 

 コラボみたいな組織でなく、純粋に活動している地域の団体にこそ行政の支援があるべきだが、そこには、コラボとかその仲間が妨害している現状は、公金ちゅうちゅうするだけでなく、様々分野で影響力を行使し、自分らだけが金と権力を集中できる枠組みを作る過程にあると思われる。

 そこには、赤い羽根募金の資金からの支援もあるし、サヨクの国際的な連帯とか、違法的マネーロンダリングや資金のテロ組織の隠れ蓑、裏実行部隊だったり、虚実入り乱れての悪口もあるけど、真実の姿はかなり闇が深いことだけは間違いないだろう。

 

 ディープステートとかフリーメイソンとかの秘密結社の巷に名触れる陰謀論より、これらサヨクの活動は、今は現実味を帯びた問題で、NPOの活動への疑念を招いている。日本の政府行政機関の対応がサヨクだけは、甘すぎることが原因であると思うが。

 旧統一教会問題では、元気だったサヨクとマスコミは、コラボ検査問題は、ものすごく歯切れ悪く感じるのは気のせいだろうか?そういえば、山際大志郎山際大志郎は学術会議問題に熱心だったので、うまく辞任させたし、慰安婦問題での急先鋒である杉田水脈総務政務官は、男女共同参画事業に首を突っ込む前に辞職に追い込めて、共産党側としては、思い通りの成果を収めたのに残念な結果になりそうだ。

 なにわともあれ、暇空茜氏には、頑張ってもらいたいと思う。

 

 

共産党区議の「W杯ドイツに勝利に残念発言」騒動を見て、日本の今後を考えると、民主主義と自由を守るために、共産党は先進国に倣い、彼らの行動制限が必要だと思う。

 日本共産党は信用できない。ヤバイ政党だとまた正体を現した。こんな党は解散させて、二度と活動できないように、枝組織など徹底的に弾圧すべきと思った。先進国では、禁止されているなら、その国際基準を早くしないと、今後起こりうる中国との戦争には絶対にじゃまになる。

 共産党区議を名乗りながら、本人でない党員が党の統一見解でないとデタラメをいうし、党員は統一見解を発言しないといけないと党の綱領にあるのに、当該区議は党規違反?とは言及しないは、論点をすりかえ、言いたい放題で、勝手な言い分を下手に出るでなく、全く上から目線で、インチキなペテンぶりで共産党の責任をごまかしている。

 本人はツイ民から批判され、謝罪に追い込まれ、「ドイツが負けて」でなく、「日本が勝って残念」は危険極まりない発言で、たかがサッカーに、政治問題にすり替え、最初意見を曲げなかったクセに、周りの共産党地方議員から諫められて、謝罪なら、最初から言うなって話。ドイツを応援を前から続けたわけでなく、いきなり日本批判をサッカーでする子悪質な話だ。

 看板を背負って言うんやったら、相当の覚悟と根性入れて、ちゃんとしろという簡単なことが、共産党はじめサヨクのバカはできんのかい。区議ということは、税金で養ってもらっているのに、無責任で無知で不見識なら、議員やめろと言いたい。公金もらいながら反日活動ならば、即刻税金を返せと言いたい。

 こういう連中は、逆にもし自民党地方議員がこう発言したら、自民党全体の意見だろうとかわめき、ヤクザ以上の悪辣なイチャモンを言って、小さい話を大騒ぎするクセに、こいつらは自分勝手で自己中で、邪魔以外の何ものでもないから、日本に全く必要なし、日本が嫌なら即刻国外退去しろとしか言えない。共産主義イデオロギーに絶対服従の彼らは日本の法律以外で生きている以上、共存は絶対にムリだ。

 今回の騒動は、区議がワザと反日プロパガンダ誘導の作戦を仕掛けたのに、ツイ民大多数から猛反発を喰らい、党全体で仕組んだ作戦とばれそうになり、共産党の責任を回避しようと、必死でごまかしていると見受けられる。レベルの低い作戦だなと思う。

 共産党の綱領を読む限り、そこに民主主義はなく、プロレタリアート独裁があり、自由も平等もない、軍隊みたいに統率のそれた組織で、彼らが勝手に、ご都合主義な民主主義とか言わんでほしいと思う。彼らは日本と戦っている以上、危険分子である。

 

 


マスコミはマスゴミ。独占禁止法違反を続けて、自由競争社会にいながら、淘汰されない特権階級だし、プライドだけはバカ高いヤクザ以下で、モラルなし一般常識ナシの連中の集まりと思う。

  よくマスコミは、日本は行政の情報公開が遅れていると言う。ちょっと待ってほしい。記者クラブで行政機関たる大本営発表をうのみにして、その記者クラブのメンバー以外でよそからのフリージャーナリストや外国の報道機関は一切受け入れないクセに、偉そうに語っていて、お前が言うか?と、自分らの欠陥は一切無視して、他者を徹底非難は、開いた口が塞がらず、またかよと呆れてしまう。

 戦後GHQ管理というか保護の元に、本来自由競争に晒されて、経営改善、自助努力をすべきを一切怠り、自己保身しかしなかったツケが今の経営状態を招いていることを反省すらせず、それでもなお、特に政治の責任にし、客である読者をないがしろにして、特権階級を謳歌して、内憂外観誘致して(中共から資金提供されている報道機関もあるとか)、汚らわしく恥じない今のマスコミは、もっと影響力を低下させて、特に一部の従来型大手のマスコミは消滅すればいいと思う。

 本来ならば、製造物責任法に基づき、TVラジオ等報道番組開始前に、「このニュースは、放送法に基づき中立公正を原則にお送りしますが、一部分偏った考えで編集しており、偏向したり、印象操作や切り取りで、恣意的に事実を、当社の都合でゆがめて報道してますことをお断りさせいただきます。視聴者の皆様はそのことを十分に踏まえてご覧いただくようお願いします。」と毎回ニュースでいうべきだろう。

 昔新聞店でバイト並びに新聞奨学生をやっていた頃だったか?インテリが書いて、ヤクザが売る業界だったとか?押紙されていた販売店に、ヤクザまがいの拡張員がやってきて、法スレスレ詐欺まがいのセールスによく付き合わされたが、言ってること(紙面で書いているキレイごと)との乖離に嫌気がさして、社会の矛盾を感じていた。

 まさに今や記者はインテリどころか、ウソ・デマ・フェイクなんでもありの記者であることが分かり、実は販売現場よりももっと悪質で、人の不幸に群がるハイエナで常識すら守れないヤクザ以下の、品性も知性もないし、そんな事実をネット社会の現在見させられるている。

 社会正義だの弱者救済だの彼らのスタンスは、話題性のあることなら、モラルを犯してでも取材してネタにすれば正義との怖い感覚は、一般社会から逸脱していて、こういう人間は、許可書を与えるなどの日本社会に制限を設けて、隔離して住まわせるべきかと私には思える。

 「ネットのフェイクニュースやデマに注意しろ」の前に、お前らが偏向報道をやめる方が先にやらないといけないけど、いっそのこと1)偏向報道をOKする。2)共産主義国の国以外に民主主義国家の企業の株式譲渡OKして、放送法および日刊新聞紙の発行を目的とする株式会社の株式の譲渡の制限等に関する法律を改正するのはどうなんだろう?もっと緊張感のある企業に生まれ変わるかも知れず、今の特権階級では、放漫経営で怠惰と惰性のロクデナシ経営は変わらんはず。(是枝とかいったバカ経営者の体制を維持した某TV局はホリエモンに買収されたら世の中変わったかも知れない。)

 資本主義なのに、ステークホルダーが守られず、経営者側の既得権益だけが保護されるのは矛盾していて、原理原則からおかしいし、中国に買収されるくらいなら、欧米資本に買収され、今のマスコミの根本から、根性を叩き直さないとアカンと思える。その前にマスコミ業界全体が、経営破綻するのは、時間の問題だろうが。企業価値を高めず、それに足を引っ張ても、何の責任が問われないマスコミの体質はおかしい。

 要は最終的にハードランディングか?ソフトランディングか?どっちがいいかという話である。NHKも受信料もっと下げさせ、経営努力をさせないと、ネット進出は是帯に阻止し、日本人から金をとり、外国人にタダで見させる愚策をすぐにやめさせ、スクランブル放送とかもそうだし、外資のネットフリックスがもっとNHKのコンテンツに広告を入れて、もっと広告入りは安くさせて、今の規制に風穴をあけるべきである。

 規制緩和はマスコミは特に徹底的に、今までのぬるま湯体制を廃止して、適正価格でサービスが提供されるようにすべきであろう。日本全体の規制緩和をという時、特にマスコミは聖域であってはならない。

 大手新聞社系列化を廃止し、自由参入できる仕組みを模索すべき、こんなおかしい構造は先進国では一切ない。NHKの公共放送は、受信料の一律徴収は即廃止スクランブルにするか、または国営化して規模縮小させるべき。今まで甘えてきたことを後悔させないと生き残れない緊張感は絶対に必要と私は考える。

 ツイッターで起こった経営改革は、そう遠くない将来既存メディアに起こりうると思う。今の斜陽産業がもっともっと衰退して、誰も見向きもされなくなる前に、外圧使ってでも変わらないと、マスコミの明るい明日はないだろう。

 

 



 

バッファローズが日本シリーズ初優勝!あんまり大手メディアでは言わない。でも、ドラマチックな旧近鉄の流れが続いて、悲願の日本一に感無量。

 その昔、西本幸雄という野球人がいて、監督になると、パリーグでリーグ制覇をよくして、強い勝負師なんだけど、なぜか日本シリーズには勝てない。近鉄で最後のパリーグ優勝して、最強だった助っ人ブライアントが神がかり的活躍をしても、加藤哲のバカ発言のおかげ?か呪いで、最後の最後もできなかった。

 その一つ前の日本シリーズは、有名な「江夏豊の21球」で、9回裏無死満塁でスクイズの奇策を見破られて、その息詰まる展開のノンフィクション短編にもされたあの伝説の日本シリーズの相手も、西本氏率いる近鉄だった。めっちゃ不憫というか?阪神より絶対的に強いチームだけど、在阪マスコミは、地味で華がないと相手にされない悲しい存在であった。現オリックスがタダ券撒いても、嫌がられる悲しい実話。

 正確には、近鉄が最後の優勝は、松坂大輔がいた西武からサヨナラ2ランを中村紀洋選手が打ったりとか、2001年のパリーグ制覇で、この時は梨田監督で、この優勝決めた時、代打北川選手の満塁サヨナラホームランで、強烈な印象を残した。

 その後近鉄は、大阪近鉄バッファローズとして2004年で幕を閉じ、選手は、楽天オリックスに分配トレードされ、ホリモンも騒動に参加してたりもあって、今のオリックスバファローズは、親会社などの資本関係がないものの、せめて名前だけでも残されて、その名前がやっと初めて、創設63年にして、日本一を手にした。日本シリーズ優勝おめでとうございます!

 あんだけ、弱かったけど、あれほどわくわくさせてくれた球団はなかったと思う。ラジオ大阪で、バファローズナイターで、負けた試合後のタイトルコールのアナウンスは、いつも悲壮感に満ちていたのに、でも、それでも、時たま信じられない劇的な勝ち方をして、びっくりさせてくれた楽しい野武士集団だった。

 今の球団とは、直接的には何の関係もないかもしれないけど、球団が消滅し、かつてのホームグランドの藤井寺球場日生球場がなくなっても、野茂も阿波野も、石井や中村やブライアントやローズらが引退して、それでも、我が近鉄バファローズは、いてまえ打線ともに永遠に不滅です。

 

#トマホーク購入 を米政府に打診で、日本政府がようやく重い腰を上げて、台湾侵略と尖閣軍事衝突などの戦争準備開始に、私ら庶民も戦争が近いと覚悟を決めないけない。 と個人的見解。

 スマホに、トマホーク購入の文字が、最初北朝鮮対策としてと思ったが、でも、じっくり考えると、台湾ミサイル攻撃の際、中国が日本領域にに5発中国がわざと攻撃してきたことから、もう台湾有事=日本有事が確実に近いことが分かったし、先日の人民代の人事からも、習近平政権は戦争モード加速中だと言われている。

 国内でも、米国の情報提供や要請で、台湾有事は遠くないことを本気で、今の中国は台湾侵略に向けて準備を進めている。もちろん日本もただでは済まない。尖閣や沖縄までを死守しないと、とんでもない事態になると思う。

 だって、あの公明党ですら、トマホーク購入を反対しなかった。憲法9条のしばりは、有事になればそんなものいらねえ。内閣が憲法を一時停止する裏技もあるし、野党を叩きのめしでも、こと有事は、武器をとらねばやられる。

 本音はそんなことしたくはない。食うか食われるの瀬戸際になれば、スパイ防止法制定や、国内の治安維持を目的に、非常事態宣言を発令して、戦争に当たらねばならない。ただし、今の腰抜け政権は退場させ、内憂外患で諸悪の根源の共産党などの関連団体の活動停止もさせないといけない。

 現に暴力革命を完全にやめたわけでなく、世界的に危険視して、一部非合法な団体として、活動を禁止させている国が多いので、それに倣わないのは、GHQの戦後占領政策の名残を引きづっているだけで、憲法改憲しないさせない運動をリードして、日本の国益を損ねているので、私はそう考えている。

 スパイを摘発する。交戦権をもつなど、普通の国であることができないこの国の異常さを早く解消し、普通に平和を維持できるように、反社会活動を他の国のように、取り締まらないと、中国北朝鮮ロシアらの仮想敵国に、いいように荒らされているし、プロパガンダを意図的に垂れ流すマスコミも、有事を盾に規制をしないいけない。

 それらのリスクを払わないと、真に普通の国家とは言えないのではないだろうか。戦争に向き合う、犠牲を払うその覚悟はしないと、侵略をもくろむそれらの仮想敵国に、対峙できないと思う。

 



 

 

ノーメンクラトゥーラ(赤い貴族)である左翼政党に多くのマスコミが、アベガーをあおり、国葬反対+ 旧統一教会からの自民安倍派排斥キャンペーン→憲法を改正せない+自虐史観の徹底+琉球独立=沖縄への中国侵略を誘導したいおつもりらしい。こちらの方がよっぽど危険であると思うのは私だけ?

 日テレが統一教会と関係していた件は、マスコミなどの批判する側にどうして歯切れ悪く感じるのか?あれだけ、統一教会問題で、選挙スタッフにいただけで、思想宗教を聞いてるはずないのに、接触があったのは許さんと自民の特に保守派だけは、徹底的にいじめていた。

 特に慰安婦問題で舌鋒厳しかった杉田議員に、いじめたかったのに、見事に統一教会問題での追及でのやりとりをもとに反論取材拒否という返り討ちに会い、ぐぬぬと言い返せない女性自身もいい薬になったわいと、私は留飲を大いに下げていた。

 マスコミの統一教会問題の追及は、マスコミのフィルターがかかると、ややこしくなる。よっしアベガーで、トッピクになるし、このネタで騒げるはずが、足元を見てないから、日テレは恥をかいてしまったし、週刊誌もなんかサマにならん状態は、何も深く考えず、追及したツケだろうし、所詮かれらのええ加減な体制さを世間に晒したオバカさんということ。

 昔「ソ連や中国の核は『きれいな核』だけれどもアメリカの核は『汚い』というこれらのマスコミの方々の迷言があったが、そんなロジックで言えば、自分ら活動での統一教会接触はよくて、政治家特に自民党の保守派は悪いから、許されないから、個人の人格否定してでも、徹底的に責めて当然という見事な驕りは、彼らこそが特権階級で、自分らは何をしてもいいのだ。それ以外は排除し一切の反論を認めない。という独裁的で独善的なサヨクらしい発想や姿勢である。

 それと、安倍元首相の国葬儀を反対することは、安倍元首相の功績を国内外に示すことになるり、国内で圧倒的多数の自民党保守派の勢力に、勢いを与えることで、リベラルにとって、政治的においしいとこが一切ない。さらに、改憲9条廃止の世論を形成することが一番恐れていて、何としても阻止したのであろう。阻止できないから、安倍元首相らの保守派を何としても貶めたいのであろう。

 これはあくまでも想像だけど、中国共産党からこれらの活動にお金もらっているので、成果を出したいと特定野党やサヨクマスコミも必死で、無駄とわかりつつも、ジャパンディスカウントをして、人民解放軍が日本を沖縄に侵略しやすい土壌をつくりたいのであろう。

 台湾が攻撃されたとき、日本に初めて、5発人民解放軍がミサイルを撃ち込んでも、マスコミは怒らなかった。先島にも中国軍のドローンが飛来しても、無反応だし、これだけでも、日本の全マスコミは、いかに反日で、売国奴であり、中国に忖度しているのかよく分かるし、あるいは中国に圧力をかけられ、キャン言わされている言うこと。

 これこそ、今そこにある危機なんだけど、それを報道しない自由で、逃げているマスコミは、危険を危険と認識できない大馬鹿ものであろう。だからマスゴミなんであろうと思う。

 

 

 



 

安倍元首相は暗殺された。警備の不備による殉職だから、国葬は当然と思う。この国を普通に国防できるようにしたい故人の遺志、遺族の思いを踏みにじる声のデカイ少数派のアベガーは、被疑者を減刑とか国葬反対で、民主主義を根底を否定して、実に危険だと、サイレントマジョリティの私は思う。

 なぜ日本は普通の国のように、外敵から守る国防をできないのか?先の大戦で、敗戦国であったから、永久に軍事を持たないように、GHQにコントロのールされてきた歴史があるからと言える。

 自民党は結党以来、改憲を目指してたのに、現行憲法を悪法と知りながらも、合法的に解決すべく、この悲願の実現に向けて、これが普通の国のように、当たり前に、軍隊を持って、憲法も改正できるように、機会をうかがってきたと思う。

 政局を狙って、特定野党は、国葬反対の根拠は、国内の評価が分かれるとか、国葬にする法的根拠がないとか、国民の納得をとか言うけど、結局アベガーを納得させないといけないという無茶な大前提がないと、国葬反対としか言えない。

 残念ながら、アベガーは少数派で、しかも声だけがが大きいし、最初から安倍悪しや憎しからの大前提で先入観であるので、反対論を一切認めないから、議論はできないのに、議論をしろとという暴挙を言う。できないクセに、無責任野党は、お気楽でいいな。審議拒否という仕事法規でも、税金から給料をもらえるし。

 モリカケ桜は、結局安倍元首相を決定的な証拠を突きつけ、完全に追い込めたならいざ知らず、疑惑は深まったで終わっている以上、証拠不十分で、合理的理由は、アベガーの納得させろだけでは、公判はできないであろう。なのに、特定野党系マスコミは、まだ続けている。

 内閣は、国政選挙で選ばれた与党の議員による政府であり、その最高意思決定機関のひとつが国葬を決める権威と権限と権利もないのか? それを決定権のない無関係な下々のものが好き勝手に言うのはいいとしても、それらの意見が決定を左右してはいけない。

 

磯﨑仁彦官房副長官は以下を強調しています。

・史上最長の8年8カ月にわたって首相の重責を担い、大きな実績を様々な分野で残した
・国際社会から極めて高い評価を受けている
・突然の蛮行で死去し、国の内外から幅広い追悼の意が寄せられている

国葬に反対する人が居るのはなぜ?どんな人が反対してる?わかりやすく解説」(さくらの映画とトレンド!)より引用。

 

 この政府見解もなるほどそうとも言えるが、元首相が暗殺されたこと、それも、県警およびSPなど政府レベルの警備不手際が、この事件に寄与していると私には思えるので、その責任を政府は果たすべく、国葬を廃止したりはできないはず。

 

 私は、一番頭に来るのは、アベガーは安倍政治批判を名を借りば、人格否定に侮辱でも何でもOKだといえる風潮は、おかしいと思う。拡大解釈すれば、政治的に反対の立場の高い人なら、暗殺してもOKで罪の軽減ができるなら、日本中でテロやり放題だし、逆に特定野党系政治家に、暴力や殺人は絶対NGになるそんな怖い民主主義否定の無政府主義行為をOKする社会は大丈夫なんだろうか?御真影を燃やす、足で踏むとか、人の所業ではない。そんな輩は逆のことをされると、名誉棄損とか騒ぐクセに。

 

 日本が普通の国になること。明治時代から、治外法権の廃止、関税自主権の確立を悲願に、我々のご先祖先達らは、近代国家づくりをしてきたように、安倍首相は、民主党政権のあの暗黒時代から、アベノミックスで、日本経済を回復させ、日米関係を基軸にして、クワッドで、一帯一路政策の中国の侵略をけん制して、日本国内外に功績を残したことは、誰の目に見ても明らか。

 普通の国になるために、日本国憲法の9条をはじめ、現行政治に合わせて改正することは,愚かなのか?国民投票に必要条件を国会議員の3/4の多数決も、1/2に変更したりする必要もあると思える。

 今回この計画的殺人を犯した人を安倍元首相なら、アベガーは犯人の刑を軽減していいというのも、遺族の心情を踏みにじっている。そんな人間の心のカケラのない人々が、決して、まともな精神であるはずがない。普通でないから、普通の国家観があると言えない。

 普通に裁判すりゃいいだけだし、極刑になる悪質なものなら、それも仕方ない。減刑はないと思う。日本は普通の法治国家であるから。まず計画的犯罪に思えるので、情状酌量の余地は一切ないはず。

 今後捜査が進み、さらに犯人の背景を調べ、他の人間の関与はないか?詳細な経緯は明らかにされないと、殺された安倍元首相が浮かばれない。犯人に正義は今のところはない。

 国葬は普通になされて、弔意がある人が普通に集まり、弔うどこがいけないのか?自分らが全体主義の国家にしたいから、内面まで弔意を強制とか言っているテロリストで、ファシストと、アベガーさんらは自己紹介しているだろうかと感じる。こんな人らだから、選挙には勝てない少数派で終わるわけだと思う。