世間の片隅でそっと叫んでみる。

一般人で無名の中高年のオヤジが、ブログという世間とネットの世界の片隅で、ADHD(多動性注意欠陥症)を抱えながら、政治や経済などを意見してみる。

無観客でも東京五輪開催はよかった。メダルラッシュ。アスリートの躍動。ホストボランティア。感染拡大しても、#WITH CORONAを考える契機に。野党の推すゼロコロナは絶対にない。政権奪還と同じ確率ゼロやと思うで。

  調子がいい私は、東京五輪を積極的賛成派ではないが、始まると、ミーハー気質全開で、好きな種目だけはTVをつい見てしまう。部屋を娘に占領されたり、仕事が忙しかったりとか、いろいろと重なり、ついついブログを更新できなかった。何か総括してしまったけど、反対意見に流されず、これまでの東京五輪の「開催は良かったと思う。

 確かにコロナ感染拡大は、去年と比べ、未知のウイルスでなく、ある程度医学的に解明されつつあり、ワクチン接種も進んで、感染者数の問題でなく、マスコミの一方的な取り上げ方にような、陽性者数の増加だけで、不安を煽るのはダメだと思う。

 感染者の各年代別の推移比率、発症者や重症者や死者までの推移を見るべきで、マスコミは、感染者数拡大は、意図的なプロパガンダと商売上、危険と不安を煽るだけで、聞く価値や意味のない情報を無責任に垂れ流しているだけである。

 そんな中で、コロナ感染があるから五輪反対は、当然のようなロジックに見えるが、実は反政府主義であって、実のところ私は積極的な五輪開催派でないが、目に余るゼロコロナとか現実を全く無視した政策をゴリ推しをして、何が楽しいのだろうか?

 マスコミはずぅ~と五輪開催反対を叫びまくり、憶測であるが、野党系からの圧力、欧米メディアへの追随、イデオロギのため、そして他人の不幸をウソを盛り込んで、大げさに取り上げる商売である以上、この主張をと取り下げられない。

 なんだかんだで、今までは、景気も良かったし、ゆとりがあって、大目に見てもらえたのに、最近は目に余る広告主の意向などクソ喰らえの開催反対ネガティブキャンペーンと、殿様商売だから、企業のブランドイメージを下げられてもたまらんしもあるし、メダルラッシュで乗って五輪応援なのに、肝心のスポンサー企業からは、新聞の広告離れという悲劇になったと思う。

  でも、こんな時期だからこそ、開催反対の声が多い逆風の中で、裏方の大会運営事務局、ボランティアスタッフ、ホストの自治体らが、ホスピタリティや、モチベーションを下げずに、懸命に頑張って、陰で支えてくれたからこそ、今の東京五輪の成功、盛り上がりはあるし、アスリートだけでなく、取材する海外マスコミからも、評判が高いのは、頭が下がる思いというか、思わず胸が熱くなってしまう。

 今でも大会関係者のコロナ感染は増えているし、油断できない状況だけど、そろそろ感染者の数でどうのこうのはヤメてもいいのでは?そのためには、ワクチン接種率を高めて、感染者数だけでない安全指標を示して、インフルエンザ並みの感染指定に変えて、国のアフターコロナへの対策を推し進めてほしいものだ。

 あんな特定勢力いう「ゼロコロナ」は 現実性や実現性は全くないから、一切無視していい。どうせひとつも価値のない政治的発言であって、選挙に向けてのポーズで、政争の具でしかない。野党はコロナ対策で足手まといな動きばかりで、振り返ってみても、今まで、ウソをつき、じゃまをしてしたことが分かる。

 だからと言って、政府与党が成功して十分であるとは言わない。ウイズ・コロナという現実を見据えて、コロナを感染抑制だけの重心から。経済再生に、軸足を移すべきタイミングが近づいていると思う。もう少し官邸も、国民とのコミュニケーションをよくして、分かりやすいエッセージを伝えるべきと思う。

 

 

 


サヨクとマスコミの矛盾はどうすんだ?開催反対デモ側の大坂なおみ聖火最終ランナー。無茶苦茶反対意見を吐きながらも、東京五輪の報道を「お伝えしなければなりません」という関口宏。茂木健一郎氏が“#もううんざりだよ東京五輪”に反応など。CMスポンサーも逃げるよな。

  かつて活動家のサヨクの人と知り合いになり、言われて印象に残ったことは、「日本はひとつ」にはアレルギー反応があり、みんなでひとつにまとまること=全体主義軍国主義という危険な考え方と見ている節がある。

 私も義務教育のおかげで、自虐史観+反全体主義+反軍国主義+進化論≒科学万能のリベラルこそ絶対という考え方の長らく全ての信奉者であって、この呪縛からなかなか抜け出せてはいない。

 優秀なるやじウマのマスコミ諸氏らが、こうしたみんなでニッポンをひとつになろうなんていうのは多分気持ち悪いだろうな。オリンピックで盛り上がることが、反日である以上は、避けておきたいと考えるのが常道だと思う。

  でも、サヨクさんらが、様子がおかしい。ネトウヨをどうのこうの言う前に、オサヨ自身が自己矛盾と、内ゲバ東京五輪でするとは❓米国大統領選以降、トランプという共通の敵がなくなると、元々リベラル陣営が一枚岩ではなく、それぞれがオラが大将なんで、収拾がつかなくなるはず。

 散々東京五輪開催に反対を訴えて、政権批判を続け、発症者ではない、陽性判定されただけの無症状感染者の増加だけで、コロナ感染の不安を煽って、その結果は、CMスポンサーのトヨタが国内TVCM撤退と反発を受け、テレビ朝日のコメンテーターが発言を転向したり、日和ってしまうし、TBSは老舗サヨク番組司会者は、開催反対と言った後、五輪の報道をしなければならないと発言は、ご都合主義で、五輪を政治とビジネス利用して、報道はしなければは、ムシが良すぎて、反吐が出る程キモい言い方だ。

 加えて、五輪反対となおも続ける反日活動家らは、開会式会場前で、五輪開催反対デモをしていて、200人規模としけた人数だし、高齢者が多く、昔の全共闘時代の闘士の残党ばかりで、嫌がらせデモにも関わらず、マスコミは絶賛応援中。しかし、仲間BLM支持者の大坂なおみが、開会式で聖火リレー最終ランナーで参加している。開催反対デモの側はツライ立場。味方して欲しいけど、大坂なおみはアスリートだから仕方ない。

 リアル世界でも分裂して、コップの中の嵐だし、ネットの世界では、アッホ体験❓失礼アッハ体験で有名な茂木健一郎氏までが、味方と思えたはずが、開催反対派に、異論を突きつけ、同氏の論理が一貫しないとの指摘は、サヨクメディアやリベラル派や、開催反対派は、常軌を逸していることがよく分かる。

 開催反対でゴリ推しのマスコミは、こうしたウンザリという意見を受け止めないと、ますます凋落に歯止めをかけられない。おそらく、何もせず無策のまま、没落していくことが一番相応しい花道になるので、このまま無為無策で過ごしてほしい。

 

 

 


 

#陰謀論。東京五輪組織委員会 開会式演出の小林賢太郎氏を解任。人権と差別への認識と反ユダヤ主義への警告。無知では済まない問題。この日本叩きは、DSにとって次の北京五輪ボイコットへの布石では?

  日本人は世界を知らない。そう感じる事件だと思う。ユダヤ人差別と黒人差別は、ダブー中のタブーなのに、無知でやっちゃったってことなのであろうか?まず、その時に、周りの大人が厳重注意して、懲らしめておけば済んだ話。

 でも、おそらく、これを防ぐことはムリだったと思う。日本人にはユダヤ人を揶揄することは、とんでもないことだという認識がなく、この五輪組織委員会も、根底は一緒で、残念ながら、十分な認識をおそらく当初から持ち合わせていなかったと思う。

 学校での人権学習は、同和問題、在日朝鮮韓国人問題までは、取り組んでも、おそらく、ユダヤ人や黒人差別までは、身近にいなくて、軽んじできたのが実情だと思う。私はたまたま、ユダヤ人問題に関心があり、この不祥事はかなりヤバいと認識はある。

 でも、この事件で腑に落ちないことは、なぜ開会式間際のタイミングで、東京五輪をつぶすかのように、沸き上がったのか?もっと前から分かっていたはず。

 1998年の出来事なら、証拠は十分に揃っていたはず、開会式直前を狙い撃ちにして、五輪開催にブレーキをかけさせている。JOCをつぶすかのように。ここまで、最初から最後まで、ケチがついたイベントはなかなかない。仕組まれたとしか言いようがない。

 米大統領選でリベラル側の勢力が様々な分野で力を得た今日。アジア蔑視の本音が根底にあっても言えないから、今回の反ユダヤ主義、いじめ、障害者差別など、ありとあらゆる問題で、スケープゴートのように、JOC叩き=日本叩きをされ放題だ。

 さらに言えば、米メディアの東京五輪つぶしは、米国ユダヤ人団体とリンクして、仕上げに入ったとも言えないだろうか?バカな日本のメディアは、そこに同調することも計算の上で、リベラル勢力とも連携しながら仕掛けて、米国での民主党勢力拡大を日本でも絶賛実行中としたらなら。

 何かつじつまが合うような合わないような。適当な私の思い付きなんで、アテにならんけど。トヨタが日本のテレビCMを撤退は、JOCには関係ないけど、TV業界に衝撃で、今期赤字決定だろうし、米国資本ハゲタカなどで買い漁るチャンスにもなる。そこまでを仕組んでいたら、海外の資本が一気に市場を荒らす千載一遇のチャンスになる。日本のメディアも、欧米のメディアに煽られて、利用されるだけ利用され、最後は用なしと捨てられる運命かも知れない。

 これも、次に控える北京五輪を通じて、CCPをコントロールする実証実験に、日本叩きが利用されるとしたら、コロナ発症起源説で賠償問題、ウイグル人権問題、香港民主化、台湾独立宣言へのリベラル勢力の思惑が日本だけでなく、中国を合法的植民地にする機会になると思う。

 アジアは、旧宗主国欧州列強が中国近辺に海軍が終結も、軍事力の誇示もそうだが、人権問題の解決を大義にして、テコにして、合法的な戦争ができるメリットが大きい。今のCCPは、中華思想の浸透と侵略とは正直に言えない。

 きっと首脳部も、一帯一路構想の後退を絶対にできないから、その弱みと経済制裁で、圧迫を続けていく。そして、仕上げが北京五輪のボイコットにとつなげるのでと私は考えている。

 

 


 

 

 

#行方不明のウガンダ選手無事保護。#都市伝説的解釈は、駅、切符、防犯カメラで、捜査発見できたということ。#指紋認証。以前中核派の活動家逮捕にできたシステムが、今回も稼働したことでは?

 貧困国ウガンダでは、国際大会の毎に、亡命することは当たり前だったようだ。国に帰っても仕事がなく、希望が持てないなら、亡命して、豊かな国で働くという気持ちはは分からないではない。それだけ追い込まれているということか?しかし、誰にも告げず、行方不明になることはいただけない。

 私的には、バラエティ番組「やりすぎ都市伝説」で以前聞いた過激派「中核派」の大坂正明容疑者(67)の逮捕劇。今頃急になぜ?これは、切符券売機の指紋認証システムのバージンアップと、駅などの監視カメラの普及と高性能化によるものと言われていて、変に納得してしまった。その逮捕当時は、犯人の様子を明らかに駅の監視カメラの映像が流れていたのが印象深い。

 その事件と今回の事件の共通項は、駅、切符購入(券売機での指紋顔認証など)、目撃情報(監視カメラで確認)、鉄道利用ということで、足がついたと思う。警察の捜査力はまだ健在だったと思う。今回は亡命阻止し、無事保護することが目標を見事にクリアした捜査機関に、ご苦労様でしたと言いたい。

 


#立憲・川内博史議員のツィート。皇室を政治利用した発言は、政治家としてアウト。#不敬事件。を調べて思う、気骨がなく覚悟がないなら、与野党問わず議員は政界を去るべし。

 このご時世に、アホなことはいくいらでもあるから驚かん。しかし、恐れ多くも、天皇陛下を引き合いに出す不届きで不埒千万な言動は言語道断。これこそ、議員辞職勧告や辞職決議で改めて厳しく責任を問われないといけない。

 以下の通り、辞職すべき事由を3つ上げる。

 

(1)皇室への不敬を恥じよ

 と言う私はバリバリの右翼ではない。サヨクらがこうした無神経で不敬な言動行為をすることが、許されないと思うから。サヨクマスコミの表現の不自由展報道でも、昭和天皇のご真影を燃やすという無礼は、日本人の心情を逆なぜする行為であるが、一切その不利な情報は言わない卑劣さにもはらわたが煮えくり返る思いがする。それは、皇室を敬う人らの心情を踏みにじる行為だから。

 自分の反対意見の人の心情が分からないし、分かろうとしない想像力に欠けていて、むしろ自分の思いを遂げることしか見えていない狭窄した視野の持ち主で、国家を語る国会議員としては不適格と判断せざる得ない。

  

(2)自分の政治信念を死を覚悟してまで貫け

 その昔内村鑑三というキリスト者で、有名な人がいて、新渡戸稲造らと同じく北海道農学校出身で、1891年(明治24年)1月9日「第一高等中学校の講堂で挙行された教育勅語奉読式[1]において、内村が天皇晨筆の御名(おそらくは明治天皇の直筆ではなくその複写)に対して最敬礼をおこなわなかったこと」(「不敬事件」ウィキペディア

 で、令和の世では、政府与党をご立派に批判していたのに、自分のツィートが炎上し、世間から大バッシングを受けた。この立憲民主党のこの議員は、自分のツィートを都合悪く思い、「誤解されたので削除した」という。 

 内村は自分の信仰を曲げずに、一高の教師の職を辞した。不敬を認めて、当時の世間の風当たりは今よりもっときつくて、家族にも迷惑をかけ、一時は死を覚悟しただろうが、川内議員は自分の保身しか考えず、信念をひっこめた腰抜けで、マヌケである。政治信念を貫けなかったという。明治の偉人とはそら月とスッポンだ。

 

(3)結局は中途半端だからダメ。

              →立憲民主党は、暗黒時代と揶揄され排除される。

 あえて(1)と(2)で真逆のことを指摘したが、結局はどっちつかずで、明確な姿勢を示さないのは、卑怯者であって、国士でもなく、小者であり、思い付きで、人の神経を逆なぜさせ、自分が悪いとは感じず、恥じないと、そんな人間性を疑う。

 所属する立憲民主党は、ワクチン接種でも、国内治験にこだわり、接種を遅らせて、感染拡大や重体患者やコロナの死者を増やした原因を作ったのに、HPでは政府与党に責任だとウソをつき、責任を擦り付けている。こんな政党は日本には必要ない。消え去るべきである。

 「モリカケ桜を徹底追及し、コロナは残りで審議する」とほざいた売国政党であることを忘れてはいけない。日本と日本人の命をないがしろにして、どうして信用できるのか、「暗黒の民主党政権時代」と揶揄されても当然で、こんな人たちが、政治をしてはいけない。

 

(4)絶体絶命の時、どう向き合うかで、真価が問われる

 立憲民主に腹を立てすぎて思わず脱線したが、失敗して絶体絶命になる時は、誰だってある。そこからどう立て直すのか?問題にどう向き合い、困難を乗り越えていくのか?いつもきちんした答えはあるわけない。

 自分の信念に照らして、どうあるべきか?そこに尽きると思う。今の世の中は、反対意見の者に、銃で狙われたり、刃物で切り付ける輩がいて、命の危険があるわけではない。安全に過ごせる。だから当選さえすれば、安全で平和ボケしノウノウと、特権階級の国会議員を続けることができる。

 行くか、退くかを腹を決めて、どんな困難があるかも受け入れて、できるだけ自分に厳しい選択をすれば、ここまで、私は怒らずに済んだはず。今の議員らは、与野党問わず、信念が足りないし、覚悟がない。だから、言動が軽薄短小で腰抜けと言える。昔の議員らは、吉田茂などギラギラ生臭かった。食うのにも苦労をして、必死にリアルに生きていたから、迫力や威厳はあった。

 しんどくても、逃げないで、修羅場でどう自分を磨くのか?なぜピンチな時こそ、ベストを尽くさないのか?自分自身にも言い聞かせているが、今一度考えて言葉を発して、行動すべきではないかと思う。

 

#コロナワクチン効果。東京重症者のピーク時より減少。マスコミの自分らの都合悪い真実は避ける。サンモニ、モーニングショーなどは害毒?私は一切見ないけど。

 私はテレビで、ワイドショーはほとんど見ない。ニュースを見ても、後でネットで補足しているくらい、私はマスコミ嫌いで、一切信用はしていない。あれほど昔、テレビ大好きで、四六時中見ていたのに。

 最もマスコミの主張を象徴しているのは、主婦層に強い「羽鳥慎一モーニングショー」、高齢者に影響力がある「サンデーモーニング」で、これらのTV番組は、サヨクの砦の感はある。反政権、反政府でないといけない強い信念をもった番組かと思う。

 

 「重症者が低いのは、ワクチンのせい」というサンデーモーニングしかり他のTV番組も、「それがどうした?感染者増えたら増えるやん」もうそんなトーンが多い。それをエビデンスもなく、素人らで、寄ってたかって不安を強弱あるが、煽っている。危うい状況、情弱な方々は、おそらくそれを信じて、影響される可能性は高い。

 ワクチンの効果は、データーで出ている。全国レベルで重症者の減少、東京都は増えずに横ばいだ。さらに、高齢者の感染者は少ないし、新規感染者は、それ以外の年代層で、明らかにワクチン接種が進んでいない世代に、感染者が増えている。これもデルタ株の影響?

 

 見方を変えれば、ワクチンは、デルタ株にも一定の効果ある証明にもなる。でも、それを口が裂けても言いたくないから、ワクチンは変異株に効果がないと、必死に印象操作を日々怠らない。ワクチン接種の不備を突いて、政府の対応が悪いことしか言わない。コロナ蔓延よりも怖い、反政府プロパガンダという病気を市中に蔓延させいるし、無知蒙昧な連中がで無価値でムダ情報を操作をしているしか思えない。

 私も政府に文句は言いたいことがあるが、マスコミが言えば言うほど、事実隠蔽、歪曲された情報と、都合よく切り取り編集での印象操作には、飽き飽きしていて、政府も悪いが、マスコミは庶民のフリした実は権力者であり、彼らが反政府を言えば言うほど、反発しか感じない。御用商人でデマとウソが多いくせにと感じる。

 

「連日報道される感染者数は、調査基準が異なり比較できないうえに被害に直結しない数字を示し続けているだけです。」(プレジデント・オンライン)

 こんなんで、無責任にコロナ不安を煽られたらたまったもんじゃない。いい迷惑である。面白くするためには、演出が必要で、世間を沸かせる=世間を不安に煽ることに、TVは全神経集中するしかない。それで、捏造に近い分析で、朝からギャーギャー喚くのは、一般的に主婦層高齢者にはOKでも、どう対応すればいいか私は考えてしまう。

 

アジテーターとしての羽鳥・玉川両氏はまれに見る才能の持ち主だ。昨年12月に、玉川氏はこんな主旨の発言をしている。

 「感染症に関しては、ある種、煽っていると言われるくらいでちょうどいいと思ってやってきたんです。煽るばかりだったけれど、結局そんなにたいしたことにならなかったとなれば、そっちのほうがいい」」(現代ビジネス)

 

 こうした反政府をメインに、自由奔放に言い放しだからこそ、大衆はカタルシスを感じるし、共鳴する人も多かったと思う。これは、それでもOKとされていたが、今後、TVはコンテンツとして、古いビジネスモデル故に、視聴者の支持を広げていくことは難しくなると思う。一定の層にはウケても、広く浅くウケることはどうだろうか?

 

(玉川徹氏曰く)「今、感染者ばっかりに注目して、重症者に注目すればいいじゃないかっていう論調が出ているんですけど、しかし今、言ったように重症者は感染者の中から現れるんです。どういう傾向をこれから取るのかを推測するためには感染者の数が位置情報として重要なんです」とし「だからモーニングショーでもこうやって毎日、伝えているんですけど。あまりそういう意味のない、重症者だけ見ればいいんじゃないかってデータに目をつむっても何も得るものはないので、番組としてはこれから伝えていくべきだと私は思う」と主張していた。(スポーツ報知)

 

 とまあ、巧妙で仕掛けられたロジックに、感情論でイデオロギーと思い込みたっぷりでは、本当のことは分からない。重症者数の減少を見ずに、感染者数の増加だけで、モノ言うのも、しかも、これらの主張の根拠に、科学的裏付けがあるわけでない。感染者増加→重症者増加+死者増加とも推測されるが、エビデンスもなく、反政府傾倒した願望の思い込み感情論だけでは、説得力はないと思うが。重症者数の減少に反論もなく、逃げているとか感じないけど。

 さらに言えば、PCR検査を増やせの推しも、気持ち悪い。マンパワーのない中のムリ推しは今はワクチン接種で、消え去ったけど、その主張の検証はどうなの?この中心メンバーの 岡田晴恵氏の登場が減ったのは、これらの偏向した主張に、精神的に疲れた?あるいは、批判が強すぎて出られない?よくわからない。

 

 マスコミと小池知事が東京五輪を無観客に追い込んだ。ありもしない根拠の薄いコロナ感染拡大を誇張しぎて、コロナ施策全般を無益なモノにしたと思う。でも、その責任を絶対にマスコミはとらないし、訴訟を起こされることもないから、お気楽に、不安を煽りに煽る報道を続けているであろう。

 

 

 

 


 

 

#文大統領、東京五輪に訪日せず。めでたし。めでたし。ギリギリまで、未定ってそんな簡単に要人の予定は決められる方が怖いわ。ギリギリまで調整も気持ち悪い。

 キムチや参鶏湯が好きでも、韓国は好きになれないのは、あまりに反日過ぎて、向こうの右派左派とも、私は拒絶反応がある。K-POP、韓流ドラマや映画は、見たいとは一切思わないくらい、どうせ国策のプロパガンダやんかと思えて、かなり最近では、嫌韓や嫌北朝鮮や嫌中をこじらせている。

 そこに、今回韓国大統領が訪日しないと決まって、めでたいと、乾杯🍻せんといかん。余計なストレスがなくなり、腹立つことが減って助かった。さすが、外交の天才だ。金にできないことはやらんし。国内の反発もかなりあるから、そっちを優先したんかも知らんけど。

 韓国代弁者のTBSが、日本政府が「優遇国」「軍事機密協定」合意なら訪日へと、観測気球を上げてみたのは一体どうなったんだろう?そこまで、韓国の国益優先の報道を流すなら、昇級試験がハングルなんだから、早く本社をソウルにしたらいいのに。それに、TBS以外でも、韓国カルチャーのゴリ推しが気にいらん。

 また、文在寅はきっと、「私は断ったけど、日本が土下座でもして来てくれ」と言ってたとコイツらは空想で大嘘をつくんだろうけど、この国の政府は絶対に信用したら痛い目に会う。来たらどうなるか分かっとんなと言う空気を理解せんといかん。歓迎されない客だし、傲慢な態度の物乞いに用はないんやと言いたいわ。あらまた泉州のおいやんがエライ怒ってはったわ。怖いわー。