世間の片隅でそっと叫んでみる。

一般人で無名の中高年のオヤジが、ブログという世間とネットの世界の片隅で、ADHD(多動性注意欠陥症)を抱えながら、政治や経済などを意見してみる。

特定野党はポンコツ

菅首相再選不出馬に、昔竹下登当時首相が辞任の弁で、「もののふの出処進退はある日突然決まる」と言ったことを思い出す。マスコミと野党らの無責任発言は、この方々らの無策で無能ぶりと、自民党政治の老獪さをまざまざと知らしめた。

金曜昼に突然、菅首相の自民党総裁選不出馬を表明と速報が出て、久々にびっくり。これで政局が一気に進んだと実感した。総裁選の勢いで、総選挙に流れ込めば、世論は確実に、東京オリパラ開催成功も相乗効果になり、自民支持に流れると予想できる。 あと野党…

天邪鬼の私は、さほど五輪推進派ではないが、反対派の意見が出ると、開催したらええやんと思う。子どもらに夢と感動を与えてほしい。実務方には、逆風の中コロナ対策も大変だけど頑張っていただきたい。

今の世の中で、コロナの危険さを避けては通れない。今回の五輪は、最初からケチがついて、最後まで、コロナリスクを覚悟しなきゃいけない。実務方は、世論がコロナ感染を心配して、開催中止を求める意見が強い中、開催に向けて、準備だけでなく、感染対策を…

急に立憲・共産をポンコツ扱い、どうしたんだAERA?支持率2.9%の立憲が政権交代できる現実は絶対にやってこない遠い遠い夢である。

急な路線変更にびっくり。反政府急先鋒も朝日新聞、その傘下にあるAERAが立憲・共産をポンコツ呼ばわりしていた。そら怒るわな。ワクチン接種よりPCR検査を強化せよと、今からすれば逆手の方針を推していた。 ところが、情勢が変わりそれでは不利だと知ると…