世間の片隅でそっと叫んでみる。

一般人で無名の中高年のオヤジが、ブログという世間とネットの世界の片隅で、ADHD(多動性注意欠陥症)を抱えながら、政治や経済などを意見してみる。

中国共産党の滅亡

WHOが変異株に地名使わない方針よりも、パンデミック人工説+武漢起源説が確定的にのニュースが衝撃的だった。

コロナウイルスの中国武漢起源で、人工的にできた生物兵器という話は、トランプ政権時代は、陰謀論で相手にされなかったのに、今は、証拠が出てきて、真実であるとされ、中国強硬論が、米英で再燃されそうだという話。 WHOが変異株に地名を使用しない方針と…

#CCPの情報管理。個人情報は各国家で管理されるよりもっと怖い。自分らのことを棚に上げて、やりたい放題で、忖度されて、結構なご身分なこと。

世界にあるすべての個人情報は、もはやみんなCCPのものになるだろう。Tik TokらIT系企業のアプリへは個人情報の取り扱いの厳格化をして、逆に大手ビックテックには、個人情報の開示請求と、無茶苦茶なことをやりたい放題で、このCCPの暴走を誰も止められ…

#ガザ停戦。これで一安心ではない。問題を先送りしただけ。伝えられていないことが多すぎて、ハマスのプロパガンダに踊らされて、真実が見えてこない。#人間の盾

中東では、民族宗教文化などが日本と異なり、正しく理解されて、報道されることは日本では難しいと思う。 ハマースも同様で、イスラム組織という印象操作でソフトに見せかけているが、とんでもないシーア派のテロ組織と言われているのに、BLMやアンティファ…

CCP=反社会勢力としたら、ウイグル人権侵害は、ヤクザがらみの悪事と思う。そのことを知って、取引をした企業は、制裁を受けるリスクを覚悟すべき。その前に、風評被害に合うけどね。それは仕方ない。

私の知り合いの知り合い(ほとんど話しはしたことがない)が、『米国政府は、人権侵害する国を反社会勢力と見做している。その国の企業は全て、企業舎弟でやはり反社会勢力と。だから、反社会勢力と取引する企業も、制裁の対象になると言う判断だ。』(坂口…

#ウイグル人権問題。こっそりスイスまで、地味に中国に制裁だって。中国包囲網が着実に進んでいるなと思う。

スイスは永世中立国だから、何もしない国ではなく、中国にもモノ申すようで、香港警察への弾薬供給やめるとか。閣僚のコメントも、結構厳しいし、小さい国でも、立派な仕事と存在感を示している。 裏庭のミャンマーまで、世界から口出しされて、焦っているし…

#ウイグル人権問題。=中国への警告。これ以上、先進国企業への圧迫や、一帯一路の批判に、様々な途上国での行き過ぎたエゴな行為をやめよ、というメッセージと妄想大好きな私は解釈した。

最近の対中国強硬姿勢の報道は、何か気持ち悪い。何か裏があると勘ぐってしまう。ただ、中国のあまりに露骨な自国中心の対外政策に、強い反発をEU英国米国豪州などから声を上げて、その強い意志を明確にしているように見える。また、妄想と願望と偏見に満ち…

あくまでも#陰謀論。#LINE問題。→中国共産党らが不正アクセス。それも7-8年前LINEアカウント乗っ取りから?。dポイント不正アクセスも中国共産党らが不正アクセス?コロナも発生源は中国・武漢とウイグル問題らの諸悪の根源に、何らかの制裁を躊躇せず問答無用で即実施すべしと思う。

あくまでもこれは、ADHDで思い込みが激しい私の勝手な陰謀論である。 今回のLINE情報漏洩問題、特に中国が不正アクセスしていたと断定できる事件は、規約上、個人情報の取り扱いについて、不正に利用される可能性を謳っていた。それと、外国の企業や政府が不…

#ウイグル人権問題。日本が中国にEU同様な非難決議ができない理由は法律がない?とか。やる気ないか?中国に完全に買収工作されコントロールされてますと公言しただけじゃん。

昔日本の政治を揶揄する表現で、アメリカのポチと言われた。今、中国にそんな非難をされているのに、なぜかウイグル問題は政府の腰は重いし、財界も国家よりも、商売重視をしているから、一切人権問題はコメントしない。 中国にNOを言えない日本とは、今も…

#中国へのウイグル人権侵害の非難決議。オーストラリアでも審議入り。米→カナダ→オランダ→オーストラリアと世界に広がりを見せている。

中国のウイグル人権侵害への非難決議が世界に広がっている。中国がどんどん追い込まれている。日本でも非難決議をお願いしたい。 そこに、南シナ海にNATO軍が駐留し、軍事演習だし、イギリスが、グローバル戦略に傾きだし、EU+英国の中国への圧力は、さらに…

IOCは中国にどこまで媚びるのか?日本のマスコミも同じ。中国にキャン言わされてるから。でも人権問題は、内政干渉ではなく「我々の価値観を曲げない」と今までの態度を一変する英国らは強気で本気の構え。

おそらく、北京五輪はボイコットの声が出ても開催はするだろう。だが、それが済めば、高橋洋一チャンネルでも言及の確信的利益である香港やウイグル地域等への中国支配強化、南沙諸島、尖閣諸島、台湾への侵攻などはあり得そう。 かつてソチ五輪の後にロシア…

EU・英国から中国強硬策続出→中国「64か国が正義の声だ!」→国連加盟は193か国だから何?過半数もないし、自国メディアでPRだし、どうせ買収と恐喝で集めた国だろう?とディズられる。メンツを保つためのCCPがいつもの論より反論だわ。

今まで、CCPがここまでディズられるのは見たことがない。これは一大トピックだし、完全に人権問題で、反論の余地がないまでに、CCPは今追い込まれている。戦浪外交だの、宣伝買収に、様々な工作活動は世界中で成功を収めているはずなのになぜ? 資金不足?ス…

#五輪に中国製ワクチン提供。反論をする前に、主催国として、JOCは国の法律で認められてない#中国ワクチンは使用しません。でもいい。もしくは、#アストロゼネカとファイザーなどに提供を求める。この難局を凌げ。#北京五輪はボイコットせよ。

IOCに文句もそうだが、CCPには抗議してもムダ。1)黙って中国ワクチン全てこっそりを捨てる。2)日本で認可あれてないと大会直前に、IOCと中国に突き返す。3)ついでに、ファイザー、アストロゼネカなどに、ワクチン供給を求める。 こんな方法で、正面切って…

中国は、ウイグルへのジェノサイトが、自分で自分の首を確実に絞めている。カナダ議会も認定し、米国議会も対中強硬に強化されている。

深田萌絵氏が以前削除したライブ配信の動画で、今主要各国の政権の多くは、売国奴で中間層に厳しい政策を実施している。米国、韓国、中国、日本、ドイツなどなどとか言っていた。中国の習近平政権が売国奴って、中国のずばり国益重視してそうだが、実態はさ…

<ウイグル問題>日本企業への影響が出始めた。→#北京五輪反対へ。官民ともにCCPにその制裁と圧力を即刻かけるべき。

森前JOC会長失言騒動以後、マスコミはコロナを取り上げても、わざとウイグル問題はスルーしている。そう私には見える。でもなぜなんだろうか?ウイグル問題の中国批判は世界的潮流であり、あれだけひどいナチス以上の非情な仕打ちを続け、嘘ばかり繰り返して…

<米大統領選>余波2:NATOなど中国包囲網強化→中国の豪へ経済制裁→中共党員195万人の名簿が漏洩→中国大停電とキナ臭い流れやね

0.前説:一連の流れから考えたこと 長らく疑問のこと。それは、NATO軍での中国包囲網と、米大統領選挙への中共介入への対抗措置は、一貫性があるか?がいつも頭の中にある。まだ、結論が出ないが、世界のあらゆる国の多くでは、今中国に対して、非常に強い警…

トランプ米大統領がどうであれ、中国政府はコロナウイルスの拡散の責任はあるし、非難されて当然である。

アメリカファーストの国が、一帯一路の国を非難した。どちらも、大国でありながら、本音の部分は、自国の国益を優先していると思う。 しかし、どっちが悪辣で邪悪なんだと言えば、中国の今までのやり口を見れば、当然と言えば当然で、トランプ大統領の国連総…

私が周庭さんを応援したいのは、彼女が左翼と知ってても、大義は中国共産党に反対なだけ。

今更ながら、香港の民主化運動は、2014年の雨傘運動の反省から、今は周庭さんらグループが民主化運動の中心ではない。現在の運動はSNSを活用し、明確なリーダーは存在しないようだ。 元来この香港民主化運動は、「親中派、汎民主派、自決派、独立派の4勢力(…

周庭さん。拘束中欅坂46の「不協和音」が頭の中に。そこに、「香港の民主主義」という強い意志を見る。彼らに中国共産党からの自由を与えよ。

さすがに、周庭さん「香港国家安全維持法違反」で逮捕のニュースは、ショックで、速報されるほどインパクト大であった。どこまで中国共産党の独裁政治が、香港の自由化、民主化を阻むのか。 日本の政府はもちろん左翼右翼を問わず、この不当な逮捕を非難して…

未確認ながら、中国ヒューストン領事館が反政府運動を陰で支援。Antifaとの繋がりがあるかも?➝日本のマスコミはこれを伝えないだろう。

やはり、中国共産党は、アメリカ国内で、反政府社会運動などの情報戦を展開して、人種的緊張を引き起こしていたことが、改めて分かってきた。非常に危険であり、これは、日本国内でも、同じような活動は展開されていることが想像できる。 だから、日本の野党…

習近平体制の打倒を目指せと、米は西側諸国へ結集と、中国人民に呼びかけ、中共一党独裁の終焉は近づいた。

三密=密集・密接・密閉に代えて、「集・近・閉を避けよう」という言い方があるらしい。習近平を避けようという皮肉。そんな国際社会での大きな流れ。それと、中国のコロナ対策への揶揄もあるかと思われる。 これまで、アメリカは、経済問題だけにフォーカス…